広島市のさだもりレディースクリニックです。
〒730-0051
広島市中区大手町2丁目7-2 Balcom大手町ビル4F
TEL 082-242-1132 / FAX 082-242-1134
広島市のさだもりレディースクリニックです。
〒730-0051
広島市中区大手町2丁目7-2 Balcom大手町ビル4F
TEL 082-242-1132 / FAX 082-242-1134

・クリニックからのお知らせ

[%article_date_notime_dot%]

[%title%][%new:New%]

・婦人科検診を全般的に行なっております

 
さだもりレディースクリニックでは、子宮がん(子宮頸がん・体がん)や子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣疾患を始めとした女性に多い様々な疾患の検診や診断を行っております。少しでも気になることがある場合や検診をご要望の際は当クリニックまでお問合せ下さい。
 
特に、子宮頸がんは唯一予防ができるがんであり、症状が出る前に定期的に検診を受けることをおすすめします。

・子宮がんについて

子宮がんには、大きく分けて「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。
 
子宮頸がん
 子宮頸がんは、がんの前段階であり異形成、子宮頸部の表面にとどまる上皮内がん、周囲組織へ浸潤していく浸潤がんに分類されます。最近では20~30歳代の若い世代に増えており、毎年1万人近い女性が罹患する疾患です。子宮頸がんのほとんどは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因です。
 子宮頸がん検診は、多くの先進国にて子宮頸部細胞診による検診が行われていますが、日本での検診率は諸外国と比較しても低いです。子宮頸部細胞診の方法は子宮頸部の表面からブラシなどで採取した細胞を顕微鏡で調べます。
 前段階の異形成や上皮内がんでは、不正出血などの症状は出現しないことも多いです。早期がんのうちに治療をすれば子宮温存も可能な疾患です。
 まずは、早期発見のための検診を受けることを心掛けましょう。
 
子宮体がん
 子宮体がん(内膜がん)は子宮の奥にあたる体部の内膜から発生するがんで、エストロゲンという女性ホルモンと深く関わっています。
 閉経後や更年期の時期に発生しやすくなります。閉経前でも月経不順や乳がん治療中・既往の方は、必ず体がん検査を受けましょう。
 不正出血での発見が多い疾患といわれていますので、少量でも出血がある場合は、すぐに医療機関を受診して頂くことが、早期発見に繋がりますので、是非ご相談ください。

・子宮内膜症について

 
子宮内膜症って?
 子宮内膜症は、子宮内膜組織が子宮内ではない場所(卵巣、卵管、ダグラス窩、子宮周囲の靭帯、稀に肺や腸など)で発生発育し、さまざまな症状を引き起こす疾患です。
 重い月経痛や性交痛、下腹部痛、腰痛、排便痛などの症状がみられ、不妊症の原因となることもあります。10代の女性から発症することもあり、注意が必要です。
月経痛はがまんせず、まずはご相談下さい。

上記の項目に限らず、どのような病気においても「早期発見」が健康な毎日を過ごすための大きな鍵となります。
万が一、病気が見つかった際も早期治療に取り組むことで少しでも安心につなげることができます。
何らかの症状が出た場合はもちろんですが、何もなくとも定期的な検診を受けて頂くことをおすすめします。

〒730-0051
広島市中区大手町2丁目7-2
Balcom大手町ビル4F
TEL:082-242-1132
FAX:082-242-1134

婦人科検診から女性ならではのちょっとしたお悩みまで、まずはご相談ください。


広島電鉄 本通電停より 徒歩2分
クリニック周辺のMAPはこちら